大島監督のご冥福をお祈りいたします

 1月16日

 昨日、ご自宅のある藤沢市内の病院で名監督大島 渚氏が亡くなられました。
 
 監督とはご挨拶程度でほとんどお話などはさせて頂いた記憶はないのですが、
ご子息である大島 武氏(現 東京工芸大学教授)とは高校時代の先輩・後輩の間柄で、武氏が一橋大学に在学中ときどきではありますが深夜まで語り合ったり遊んだりしたこともありました。

一・二度藤沢の武氏のご自宅におしかけてご迷惑をおかけしたこともありましたが、
監督がご在宅でしたので二十歳そこそこの我々は大きなお屋敷で
蟻のように小さくなっていた記憶があります。

病と闘い、最後まで希望を持ちながら亡くなられた監督に
医師として人生の後輩として頭が下がります。

またひとつ昭和の文化が幕を閉じました。

 
 心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by Dr-Chirorin | 2013-01-16 09:12 | 生活 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://chirokun.exblog.jp/tb/19845430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by CHIRO at 2013-01-21 14:44 x
大島監督は例えると情熱の赤いバラなのでしょうか?
それとも冷静沈着な青いわすれな草でしょうか?
ご家族の皆様のお気持ちを思うと・・残念ですね。
<< ミシュラン☆ おいしい坦々麺 >>