NRT-LAX:ANA/SAN-LHR その3

3月21日

ほぼ定刻にLAXに到着しました。
シンガポール航空のCAさんに
「子供たちがエコノミークラスにいて一緒に降りたいのですが」
と言ってみたところ
『それならば空いているC-classの席に着陸までどうぞ』
とのうれしい返事。
久しぶりにPin/Kun/Kazuの3人と一緒になりました。
最初は広大な(?)シートを物珍しそうに物色していた3人もすぐに爆睡zzz。

LAXに着いた後はさほど時間もかからず入国審査を終え空港外へ
・・・ここでまず最初の問題が。
前回来た時の記憶は吹っ飛んでいてDLR行きのmagikal express(バス)をどうやってつかまえたらいいか
分からない。
LAXは各ターミナルの中心部がロータリー構造になっているのでそこにタクシーやらホテルの送迎coachやらが停まっては出発していくのです。
空港の関係者に聞いて待っていたところに少し怪しい小型のcoachが。
車体にはあちらこちらにいかにも『ディズニーランドに行くためのバスです。』
ってなペインティングがあったので、少々不安に思いつつも乗車。
(これがまず小さな失敗)
約40分かけてDisney's Grandcalifornian Hotel &spa
に到着。料金はチップ込みで$120!!(約10000円)
おじさん、高くない?と言いたかったのですが、乗る前に確認しなかった私がいけない・・・。

そうこうしながらもcheck in
b0289897_9514611.jpg

フロントのおじさん、すごく丁寧にいろんなことを説明してくれて、
さらには日本語通訳に電話してもう一度説明してもくれました。
おかげで約1時間フロントで足止めを食らってしまった…。
そしてフロントから鍵を預かり部屋に入ろうとしたところ鍵が開かない!!
何度やっても開かない!!!
近くを通りかかった職員に聞いてみた。『鍵が違うんでないかい?別のやつないかい?』
「これかな」

Yes!!
われわれが必死になって使っていたのはParkのpassでした。
どおりで開かないわけだ・・・。
(しかしこの時点ですでに起こっていた最大の悲劇には誰も気づいていなかったのでした)

部屋に入れて「フウ・・・。」
「まだ明るいからパークに行ってもいいしDowntown Disneyへ行ってもいいね。」
「カメラとビデオを持って行こうぜ!」
・・・あれビデオは???

ない!ない!ない!

どこにもないのです。 ホテルの入り口まであったはずなのに・・・
去年1年間のいろいろな行事・思い出がいっぱい詰まったビデオがない。
ホテルのフロントまではトランクの上にあったのを確認していたので
目を離したすきに持ち去られたとしか思えません。
せっかくの楽しい楽しい旅行のはずがとんだスタートになってしまいました。
それどころかかけがえのないものを失ってしまっような脱力感で一杯に・・・。
[PR]
by Dr-Chirorin | 2013-04-05 09:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chirokun.exblog.jp/tb/20246778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< NRT-LAX:ANA/SAN... NRT-LAX:ANA/SAN... >>