WDW+NY その11(UOR1日目)

 UORはWDWほど広くないのが長所でもあり物足りないところでもありますね。
ユニバーサルスタジオフロリダとユニバーサルアイランドアドベンチャーの2つのパークからなり
各々は徒歩で約10分ほど
b0289897_14423827.jpg

午前中人はまばらですがそのぶん動物たちがたくさん見られます。

まずトランスフォーマー そしてMIB(ここが入口から一番奥)
とりあえずこの2つはみんなの希望だったので乗ってみました。

さてつぎは・・・そうです、朝食抜きでWDWからの移動でしたのでこのままでは朝ごはん抜きになってしまう。

そこでopen直後のLombard's Seahood Grillというところで朝食
(ここしか開いていなかったようでした)
b0289897_14492716.jpg

やっぱりここもAmerican size!!

腹ごなしの後はshrek4Dへ。
平和なアトラクションでCHIROさんも一緒でした。

出てきてふと見上げると
かすかにレールが見えたのをkazu君見のがさず039.gif
b0289897_152993.jpg

『あれ乗ろ!』
Hollywood Rip Ride Rockitなるコースター
『マジっすか?』と言いたくなるような代物。
b0289897_15102511.jpg


もう乗らない!絶対乗らない!

On site Hotelの宿泊者特典としてUniversal ExpressというWDWでいうFast Passを持っていたため
ほとんどのrideで使いました。
でもある意味納得できませんでした。
だってほとんどの乗りものですから。
(まあいいとして)

お次はRevenge of Mummyへ
・・・とここで途中に変なおじさんが
b0289897_163404.jpg

kazu君、せっかく買ったお土産を上からさらわれてあせった アセッタ・・・
最後は無事取り返しました。
b0289897_15451658.jpg

そしてふたりで
b0289897_15475860.jpg


まあ一通りおもしろそうな乗り物に乗った後はお決まりの
b0289897_15512275.jpg

みんなすごくいい顔してる
けれどもこれでは終わらない
ここはフロリダ州オーランド 日本から12時間
大阪行くのとわけが違います。
せっかくのPark to Parkチケット
つづけてUniversal Islands Adventureへ
ただし今日はハリポは乗りません。
b0289897_1685295.jpg

こちらは少し平和な雰囲気

しかしアトラクションはやっぱり絶叫系!!
b0289897_16144247.jpg

Incredible Hulk Coasterってなんだ??
単なる緑のぜっきょうマシンじゃないか!!
もう乗らない!ゼッタイ乗らない!033.gif

それでもSpider-Manにも乗りました
b0289897_16201396.jpg

ジュラシックパークのエリアを抜け
b0289897_16391557.jpg

Harry Potter and The Fobidden Journeyへ
b0289897_16415147.jpg

これが大阪にできるんですね


まずはとりあえずButter Beer
b0289897_16491156.jpg

結構おいしかったけど独りでカップ一杯は飲めません
5人で分けると少し足りない
3人くらいで丁度いい

そして、お土産さがしの『街』歩き
b0289897_18301242.jpg


きっとこの風景も大阪で見られるようになるのでしょう
b0289897_18315676.jpg

b0289897_1832393.jpg


実は、またやってしまったのです。
Hulkに乗った際にズボンのポケットに入れて降りたデジカメが落ちてしまいました。
夕方ここでもLost & Foundに行ってさが尋ねましたが、夜になり係員が交代する際
みつかれば届けられるでしょう との返事でした
20:00以降にまた来るようにとのこと

翌日の朝訪ねることとしてこの日はホテルに戻ったのでした。

みんなゴメンね。
本当にドジなDr-Chirorinで
[PR]
by Dr-Chirorin | 2014-05-14 12:00 | 旅行 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://chirokun.exblog.jp/tb/22603108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by CHIRO at 2014-05-14 15:46 x
楽しい思い出の後に必ず探し物•••
これが何度も繰り返したことで、家族の貴重な時間はより一層忘れられない思い出になった気がします。
それでもきれずに我慢していた三人の子供たちは素晴らしいです。
<< WDW+NY その11(UOR... WDW+NY その10(WDW... >>